岐阜県で新築一戸建てを購入するときの注意点

subpage01

新築一戸建てを購入するためのコストはとても高額になるので、人生で何度も繰り返すことができるものでもありません。

そのため、なるべく失敗をしないように、しっかりと情報収集をしてから岐阜県で新築一戸建てを建てたいものです。

岐阜県では、エリアによっては土地の価格がとても安いこともあります。

しかし、土地の価格が安いエリアはお得かというと、そうでもありません。



日本は超高齢化社会に突入しており、地方では人口減少の問題も起きています。

現在土地の価格が安いエリアは、将来ますます価格が低下して、需要がなくなってしまう可能性もあります。

家の住み替えをしようとするとき、家を売ろうとしても買い手が見つからないという問題が起きる可能性があります。

岐阜県で新築一戸建てを建てるなら、将来家を売ることになる可能性も考えましょう。

老後もずっとその家に住み続けるとしても、子供に土地と建物が相続されますので、なるべく価値の高いものを子供に相続させたいでしょう。

将来も価値がありつづけるような、新築一戸建てを建てるということを意識しておくのがよいでしょう。



住宅ローンを組むときは、なるべく頭金を2割くらいは用意しておくのが理想です。


住宅ローンは最初は利息の負担が大きく、元本がなかなか減りません。


それに対して、建物の価値ははやいスピードで低下していきます。頭金を入れておかないと、長い間オーバーローンの状態が続いてしまいます。


オーバーローンになっていると、家を売るときに問題が生じます。