Uターン・Iターンで岐阜に一戸建てを

subpage01

岐阜県は清流の国と呼ばれ、美しい水の流れが近くに存在していることが特徴です。


岐阜県は木曽山系の中にあり、標高が高い地域です。


そのため長良川やその支流から豊富な水を得ることができ、郡上八幡などは水の美しさを観光資源にしています。



地元の人々は川で洗濯をしたり、野菜を冷やしたりしています。



長良川の本流にはダムが無いことも特徴で、柿田川、四万十川と並んで日本の三大清流を形成しています。


また、環境庁が発表した日本の水浴場88選にも選ばれています。
海が殆どを占める中で川が選ばれるのは珍しいことです。
住宅事情についても、岐阜市内であれば名古屋まで1時間もかからずに到着できます。

地方のイメージがあり、一戸建ての相場も愛知県と比べると安いですが、名古屋へ行くときにも不便さはありません。岐阜県は農林水産業も盛んであり、バラなどの花の苗の生産高が日本一であることや、清流から鵜飼いによってとれる鮎が名物になっています。


他にも飛騨牛や富有柿など、全国的に有名な名物となる食べ物があります。

就農者の受け入れにも力を入れており、研修や相談会が盛んに行われています。
人口の減少から一戸建て住宅も安く手に入れられますので、早期リタイアのために移住するのにも適した場所です。



水資源に恵まれた静かな場所で一戸建てに住み、充実した生活を送ることができるでしょう。

名古屋近辺に比べると物件数は少なくなりますので、中古住宅を探すさいには地元の不動産業者を地道にあたるのが確実な方法です。